エクステリア・ガーデン・造園業に特化した、建材メーカー・建材商社・施工店経営者・職人のための業界専門情報誌

ホーム »最新エクステリア商品 » 三協アルミ 強風・防犯に配慮した公共向け大型伸縮門扉「アルテンダフォルテ」 2020年

三協アルミ 強風・防犯に配慮した公共向け大型伸縮門扉「アルテンダフォルテ」 2020年

アルテンダフォルテ
公共スペース向けの大型伸縮門扉(折りたたみ式門扉)「アルテンダ」の高強度タイプとして、業界最強クラスの大型伸縮門扉「アルテンダフォルテ」を12月1日より発売。

扉本体のリンク材(伸縮時に交差する部材)を従来品の「24mm×36mm」から「36mm×54mm」へと大型化することで強度アップを図り、同社従来品比1.5倍となる業界最強クラスの耐風圧力1513N/屐粉霆猊速Vo=38m/秒)を実現。また、リンク材の大型化により重厚感があるデザインとなり、見た目にも安心感を与える。
NiwaNaviImage
従来品の場合、台風などの強風時には扉本体を折りたたんで固定する必要があったが、「アルテンダフォルテ」は、基本扉1枚毎に落し棒を標準装備したことで、業界初の強風時でも扉を折りたたまず全閉状態のまま使用することができ、防犯にも配慮している。
現在使用している「アルテンダ(※)」の既設門柱・フラットレールを流用し、高強度タイプの新商品「アルテンダフォルテ」へ取り替えが可能。既設の門柱とレールを利用することで、短い工期で「アルテンダフォルテ」を取り付けることができる。
※H1200mm または、H1400mm のフラットレール(レール芯幅 450mm)のみ。



業界のすべてがわかる「月刊エクステリアワーク」