エクステリア・ガーデン・造園業に特化した、建材メーカー・建材商社・施工店経営者・職人のための業界専門情報誌

ホーム » 業界最新動向 » LIXIL 原材料価格の高騰による外装建材のメーカー希望小売価格の改定

LIXIL 原材料価格の高騰による外装建材のメーカー希望小売価格の改定

(株)LIXILおよびLIXIL傘下の旭トステム外装(株)は、外装建材のメーカー希望小売価格を、2021年11月1日より改定する。
これまで 原材料の高騰が続く中、全社をあげて生産性の向上、合理化によるコストダウンや諸経費の削減を行い、製品原価の上昇を抑制してきたが、鋼材をはじめとした原材料が依然上昇を続ける中、もはや企業努力のみで対応することが困難な状況となり、外装建材のメーカー希望小売価格を改定することになった。

●実施時期:2021年11月1日受注分より
●主な対象商品とメーカー希望小売価格の改定内容
金属外壁「Danサイディング」(旭トステム外装 15%程度)
窯業外壁「AT-WALL(鋼板部材)」(旭トステム外装 15%程度)
石付鋼板屋根「T・ルーフ」(LIXIL 10%程度)
※一部改定率が異なる部材あり



業界のすべてがわかる「月刊エクステリアワーク」