エクステリア・ガーデン・造園業に特化した、建材メーカー・建材商社・施工店経営者・職人のための業界専門情報誌

ホーム » 最新エクステリア商品

日軽情報システム エクステリア『Cloud Viewer』サービス開始 2017年

エクステリア設計CAD『ExCAD.Zero PREMIUM』の専用オプションとして、『Cloud Viewer』(クラウドビューア)の提供を開始する。
『Cloud Viewer』はCAD図面データを専用データに自動変換し、専用のソフトが不要でVR(バーチャルリアリティ)、ウォークス
WT
ルー、アナグリフ等の視覚効果が利用できるエクステリア業界初の本格クラウドサービス。
スマートフォンとヘッドマウントを使用したVRモードは、CADで作成したプランの中にバーチャル侵入し、コントローラを使って好きな場所、高さへ移動、あらゆる方向を見て回ることができる。コントローラを使用するので実際に動き回るス
ゴーグルコントローラ
ペースも不要。
また、外部ディスプレーを接続すれば、体験者とバーチャルプランを共有する事ができ、施主相手の営業現場で優れたプレゼンテーションツールとして利用できる。
iPadでのウォークスルーモードは指を使った操作が可能で、VRのような専用ゴーグルやコントローラが無くても、プレゼンテーションツールとして十分な機能が使える。
『Cloud Viewer』を利用するには、別途オプション契約と、最新バージョンのエクステリアCAD『ExCAD.Zero PREMIUM Ver.4』(10月1日リリース)が必要。レンタル契約中のユーザーはExCAD.Zeroホームページから、最新バージョンへ無償アップデートできる。
また、オプション契約の初期費用1万円を、年内の申し込みに限り無償のキャンペーンも行う。



業界のすべてがわかる「月刊エクステリアワーク」