エクステリア・ガーデン・造園業に特化した、建材メーカー・建材商社・施工店経営者・職人のための業界専門情報誌

ホーム » 業界最新動向 » LIXIL 住宅用建材・設備機器のメーカー希望小売価格の一部改定

LIXIL 住宅用建材・設備機器のメーカー希望小売価格の一部改定

LIXILは、一部の住宅用建材・設備のメーカー希望小売価格を、2019年4月1日より順次改定することとした。原材料ならびに燃料価格の高騰が続く中、全社をあげて生産性の向上、合理化によるコストダウン・諸経費の削減を行い、製品原価の上昇を抑制してきたが、原材料、燃料価格は依然上昇を続けており、今後も大幅な原材料コスト増が見込まれ企業努力のみで対応することが困難な状況となったため、建材・設備機器の一部のメーカー希望小売価格を改定することになった。

2019年4月1日より改訂される主な対象商品とメーカー希望小売価格の改定率は、フェンス、門扉、門まわり・車庫まわり商品、カーポート、テラス、テラス囲い、バルコニーの一部が5〜6%程度。
トイレ、アクセサリーの一部が3〜8%程度、洗面化粧台、洗面化粧室カウンターの一部が2〜5%程度、セクショナルキッチンの一部が、5%程度、ユニットバスルームの一部が1〜7%程度、浴槽、洗濯機パンの一部が3〜12%程度。2019年6月3日より改訂される対象商品は、室内建具シリーズの一部が8%程度、床材の一部が2000円/坪、ウィンドウトリートメント(カーテンレール、ブラインド、ロールスクリーン等)が2000円程度/本となっている。

商品別の価格改定一覧は、同社ホームページにて。



業界のすべてがわかる「月刊エクステリアワーク」