エクステリア・ガーデン・造園業に特化した、建材メーカー・建材商社・施工店経営者・職人のための業界専門情報誌

ホーム » 月刊エクステリアワーク

(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター 第37回住まいのリフォームコンクール開催

NiwaNaviImage
公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターでは、昭和60年度から実施している「住まいのリフォームコンクール」の2020年度(第37回)の募集を、2020年4月6日から6月29日まで行う。
同コンクールは、.螢侫ーム前後がともに住宅である作品を募集する「住宅リフォーム部門」と、⊇斬隶奮阿侶物を住宅として再生したもの、もしくは、空き家をはじめ住宅をカフェ、コミュニティ施設、子育て支援施設など住宅以外に用途変更した活用事例を募集する「コンバージョン部門」の2部門にて開催する。昨年度は「住宅リフォーム部門」に397件、コンバージョン部門に33件の応募があった。

【審査方法】
提出された書類による「書類審査」、上位賞候補作品は、審査委員が現地を直接訪問し、調査と応募者や居住者へのヒアリング等による「現地審査」を行った上で、受賞作品を決定。

【審査基準】
<住宅リフォーム部門>
住宅リフォームの事例として、‐暖饉圈Φ鐔纂圓了臆茲篁業者の努力等により、顧客満足度の向上が図られているもの。⊆匆颪筌薀ぅ侫好織ぅ襪諒儔修紡弍し、居住者の暮らしのあり方を提案しているもの。住宅の各種性能の維持・向上がうまく図られ、住宅資産価値の向上が期待できるもの。っ六挫肋壇地域産業振興や既存住宅流通促進、コストダウン等住宅生産の合理化に寄与しているもの。ゥ泪鵐轡腑鵑梁竸眠修等共用部分の改良、地域環境への配慮その他リフォーム計画プロセスにおいて大きな努力がみられるもの。

<コンバージョン部門>
建築・住宅ストックの活用例として、波及性・普及性が大きいもので、ー匆颪筌薀ぅ侫好織ぅ襪諒儔修紡弍した建築物として、資産価値が向上しているもの。地域活性化やまちづくりに寄与するなど、地域における社会的または経済的効果が大きいもの。6き家や空き室の解消策として、新しい用途への活用方法を提示するなど、社会的意義の高いもの。ぜ辺環境やニーズの変化により、これまでの用途とは異なる建築物として再生し、新たな居住ニーズに応えるもの。

【審査結果及び表彰式等】
審査結果は、2020年9月上旬に文書で通知、また、入賞一覧を同財団ホームページに掲載。入賞作品は10月開催予定の「住生活月間中央イベント」の会場で展示。また、各地で開催される住宅フェア等で、一般公開。
国土交通大臣賞受賞者は、10月中旬に開催予定の住生活月間中央イベントにおいて表彰される。また、入賞者の表彰式と、上位賞受賞者による作品発表会を、10月下旬に行う。

【各賞】
国土交通大臣賞(1点)/賞状・記念品、独立行政法人 住宅金融支援機構理事長賞(1点)/賞状・記念品、公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター理事長賞(1点)/賞状・記念品、一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会会長賞(1点)/賞状・記念品、一般社団法人 住宅瑕疵担保責任保険協会会長賞(1点)/賞状・記念品、分野別特別賞(数点)/賞状・記念品、優秀賞(20点程度)/賞状、他

詳細は、http://www.chord.or.jp/tokei/contest_01.html#rf_37th より



業界のすべてがわかる「月刊エクステリアワーク」